なぜかニンテンドーDS Lite(任天堂DS Lite)で検索されるBLOG
HIROTOの思い出

« 末期ガンとたたかう社長のブログ |メイン| 疲れ気味 »

          

「嫌」で「辛い」なら

辞めなされ。

なんのことかって?

こんなテンションヌ落ちてるときに恋愛そーだんなんてものを

受けてたわけです。


「私は嫌なんだけど、断れなくて」

いや、嫌なら断れ。

別れろとはいわない。でも断れ。


「嫌」なら「嫌」といえない関係ってのは

「付き合ってる」んじゃなくて「片思い」に近い状況じゃないかね。

言葉が古いけど「好きあってる」=「お互いをリスペクトしてる」ってことじゃないかと思う。

「嫌」と言われて「じゃあ別れる」って言われることをナゼ恐れる?

好きな相手に嫌われることが怖い?

好きな相手にただただ利用されているだけの自分を想像した方がモット怖くないかい?

「信じたくない」と口にした時点でアナタは「信じていない」ということを

自覚するべき。大切なのは「信じられない」と口にすることじゃなくて

「相手を信じられない自分」を自覚すること。


不幸な自分に酔うのは簡単

「大変だね。」「別れた方がイイよ」

そう心配してくれてるうちが華だと知れ。

往々にしてアナタの恋が続くことが解決にはなら無い。

だから僕らは背中を押すだけ。

           

« 前の記事 |メイン| 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.furi-net.jp/blog/mt-tb.cgi/329

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



トップページリンク集
不倫ノートブック/ 一期一会ノススメ
日本語主義 IEはキライ 見れればよし
【利用上の注意】
実在する団体/人物とは何ら関係ありません。
since 20040901
Copyright 2004 HIROTO All rights reserved
不倫 HIROTOの思い出