なぜかニンテンドーDS Lite(任天堂DS Lite)で検索されるBLOG
HIROTOの思い出

« MOTTAINAI(もったいない) |メイン| ロバートサブダ(Robert Sabuda)の仕掛け本 »

          

好きな男を死んでも絶対一生自分だけのものにする本

好きな男を死んでも絶対一生自分だけのものにする本・・・

すげー直球タイトル!

ギャル表紙じゃなかったら主婦向けドロドロ昼ドラ顔負けなタイトル(笑)

「オトコのモテとセックス」を取り上げたモノはよく見るけど

これは女の子版。

Elasticサンで取り上げられてる内容を元にちょっとみてみましょ。

 これは付き合う前にHしてしまった男をハメル技。 なお、乱れ雪月花は私が勝手に命名しております。

・乱れ

男は内容ではなく態度でトリコになる。ヤル時はとにかく乱れることが大事。甘いメモリーを男の脳裏に植え付ける。

・雪

次にするべき事は次の日から一切連絡をしないこと。コトが終わったらすぐに帰宅するのも効果的らしい。要するに「ツンデレ」のツンモードになれってことですね。すると、甘い体験(乱れる)が脳裏に焼きついている男は気になりだす。一度できたらまたできるだろうと。

・月

甘い蜜を吸いたくなり男はアタックしてくるけど、彼の誘いは2回まで断る。月明かりのようにうっすら道筋を照らす(可能性を示す)のがポイント。男のハンター心を煽り、やっと会えたという気持ちにさせる。

・花

会ったときはまたやさしくして甘い蜜を吸わせる。以下、乱れる→連絡しない→気があるそぶりの繰り返し。

うーん。確かにギャル相手するような若い♂=下半身と脳みそ直結なら

一発目のセックスで乱れまくりヤリまくりじゃあ刺激強かろうて・・・

その後のお預け、ちらみせ。

挙句のAVさながらな迫真の演技セックス。

そらハメワザですわ・・・

ちなみに

 貢がせる布石を置きながら男をハメル技。
3Pとは、Pretty・Price・Presentの頭文字。これも勝手に私が命名しております。

 簡単にいうと、男の財布に負担をかけないおねだりを繰り返すこと。どうでもいい安いものをおねだりする姿が男はかわいく見えるらしい。ポイントは値段もモノもプリティーなものをおねだり(例、アイスクリームとか)し、買ってもらったら大いに喜ぶ。すると、

・プレゼントを買うという行為の予行練習
・擬似恋愛を繰り返すことで恋愛関係になりやすい

うんそうそう。

俺、むかーしむかしこういう事やってた(汗)

思い出してみるとぷちヒモ(「ぷち」はせめてもの抵抗)生活だったわけだけど。

最初は小額から・・・気がついたらどっぷりですた。

慣れってコワイネマジデ。

さらに読み進めていくと

・男を許そう

「彼を変えたい、こうなってほしい」なんて思うな。そう思うから辛くなる。彼は別に今のままでいいんです。


ギャルに「許す」という言葉があるとはね・・・

というか「許せる」男=好きになっちゃう男なんだろうね。

ギャルだろーがなんだろうが

恋は人を素直にするものさ。

最後に

「夜は人の心を狂わせる(寂しい)」、「好きかも〜と告白(面と向かって告白しない)」とか、今時の女の子の距離感を垣間見た気がします。ギャルを口説き落としたい人には必読の書じゃないかな。

「夜と酒とイキオイ」はギャルだろうが何だろうが大切ネ。

確かにギャル口説きたい人にはいい教本かもしれない。

「逆手をとる」のは近道だからネ


好きな男を死んでも絶対一生自分だけのものにする本

           

« 前の記事 |メイン| 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.furi-net.jp/blog/mt-tb.cgi/311

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



トップページリンク集
不倫ノートブック/ 一期一会ノススメ
日本語主義 IEはキライ 見れればよし
【利用上の注意】
実在する団体/人物とは何ら関係ありません。
since 20040901
Copyright 2004 HIROTO All rights reserved
不倫 HIROTOの思い出