なぜかニンテンドーDS Lite(任天堂DS Lite)で検索されるBLOG
HIROTOの思い出

« 記事別アクセスランキング-任天堂DSとか倖田來未とか |メイン| 嘘の果て »

          

バイブとかローターとか

最近「大人のおもちゃ」なんて言葉あんまり聞かないネ。

女性誌で特集組まれたりもして

ローターくらいなら普通?バイブなんかの普及率も実は結構

あったりするんじゃないかなと思っちゃうこのごろ。

ここでHIROTOは疑問に思ったわけです。

バイブとかローターとか、いつごろからあったんだろ??

というわけで、バイブ・ローターを中心とした「大人のおもちゃ」なことを

マジメに調べてみたわけです。

以下、チョイエログ系

困ったときの「Wikipedia」

というわけでサクッと検索してみましたよ。

・・・凄いね。モノの種類・解説から使い方(挿入方法)から保存方法まで・・・

バイブ(バイブレーター)
バイブレータ(張形)は、男性器を模していて、女性自らが、自分の性器(膣)に挿入したり、その周辺部やその他の性感帯を刺激することで、興奮を得るために専ら使われる。バイブレーターは、その名のとおり、モーターと錘により震えるようにできており、中には全体が屈伸したり表面の凹凸が変化するなどの複雑な機構を備えた物もある。またそれら機能を適切に配置する事で、より過激な興奮を得られるように改良が続けられている。但し女性は実物よりも大きいサイズを好む傾向があり、それに慣れてしまうと実物の人間の男性に満足できなくなり欲求不満になる。
さすが百科事典な解説。

但し女性は実物よりも大きいサイズを好む傾向があり、それに慣れてしまうと実物の人間の男性に満足できなくなり欲求不満になる

だそうですヨ。HIROTOのような豆鉄砲には悲しいお話・・・

ちなみに

オナニーがファッション化するにつれ、デザインや色が、いやらしくない物が増えて来ている。

ファッション化。ナルホドね。

雑誌での取り上げ方なんか見ても「ファッション化」って言葉がしっくりくるかも。

一昔前にくらべてずいぶんライトなネタになってる気もするし。

ドンキホーテみたいな比較的普通なお店でも売られてたり

今はネット通販でこっそり変えたり、前出のように雑誌での特集と組み合わせた

通販だったりで入手経路には困らないトコあるしね。

でも、コレを読んで

「そっか!じゃあアイツもきっと持ってるんじゃん。今度ヤルときにはバイブ責めだ♪」

なんて浅はかな&おバカなことは考えないよーに。

たしかに、男が考えてるより女性はエロい。
でも、男が考えてるようには女性はエロくない。

この差をわきまえないとただの「変態」ですぜ。

しかし、凄いねWikipedia。
遠隔操作用(リモコンバイブ)からクリキャップなんて解説も。

ちなみに電動こけしって記述。なんか懐かしい響きが(笑)

性具としてのこけしとは、勃起した陰茎と同じぐらいの大きさのこけしの形をしたいわゆる大人のおもちゃである。電動モータが内蔵された電動こけしを略してこのように呼ぶことが多い。電動モータが内蔵されていないものもある。一般的にはこけしというよりも、バイブレーター略してバイブと呼ぶことが多い。


他にも歴史的なお話もあるけど、長くなりそうなんで次の機会に。

最後にこんな注意文を掲載して。

相手への配慮を忘れずに

男女間や同性間でこれら器具を用いる場合、相互の合意は必須である。当人の意思を無視して使用すれば、相手を心理的にも肉体的にも傷付ける結果になりかねず、本来快楽を得るはずの行為が、不快な結果に終わりかねず、特に女性の場合は、生殖器に本来異物であるこれら器具を挿入する行為に、生理的な嫌悪感を抱く人もあるため、男性の一方的な好奇心から、これら器具を使用され、心理的にダメージを負う事もあり、その結果不感症に陥るケースも報告されている。

           

« 前の記事 |メイン| 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.furi-net.jp/blog/mt-tb.cgi/308

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



トップページリンク集
不倫ノートブック/ 一期一会ノススメ
日本語主義 IEはキライ 見れればよし
【利用上の注意】
実在する団体/人物とは何ら関係ありません。
since 20040901
Copyright 2004 HIROTO All rights reserved
不倫 HIROTOの思い出