なぜかニンテンドーDS Lite(任天堂DS Lite)で検索されるBLOG
HIROTOの思い出

« 年の瀬 |メイン| 夢 »

          

「ツライ」「苦しい」

恋をしているなかで出てくる「ツライ」「苦しい」

惚気の延長で出てくる言葉であるなら何も心配は要らない。
人間幸福の中にいるとその逆の状況を口にすることで
今ある幸福をさらに充実させようとするところがあると思うから。
甘いデザートと苦いコーヒー。
その関係に似ていると思う。

心配なのは「ツライ」「苦しい」が恋愛の中心になってしまっている人。
「幸福」でいることではなく
「続ける」ことが目的になってしまっている人
「幸せ」ではなくて「不幸に耐える」ことが恋愛になってしまっている人。

アナタの今している「恋」は、アナタにとって最後の恋ではないはず。
アナタが今までしてきたように、これからもアナタに「恋」はある。

「最後」「最高」、どちらもこれほど不安定で不確実な言葉は無い。
人の心は同じ場所にいない。いることはできない。
「結婚」は恋のゴールではない。もちろん終わりではない。

「恋」は心の迷い、「恋」は心の動き。

人を求める心は本能。
人を求めることが恋ではない。


最近感じてことをズラズラと。

           

« 前の記事 |メイン| 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.furi-net.jp/blog/mt-tb.cgi/99

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



トップページリンク集
不倫ノートブック/ 一期一会ノススメ
日本語主義 IEはキライ 見れればよし
【利用上の注意】
実在する団体/人物とは何ら関係ありません。
since 20040901
Copyright 2004 HIROTO All rights reserved
不倫 HIROTOの思い出