不倫と出会い系を体験した僕の戯言
心が不倫という言葉に惑わされることがないように・・・

出会いや不倫やらイロイロ…
HIROTO 不倫の思い出 HIROTO 不倫の思い出

« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月24日

聖なる夜に

このページを見る多くの人は
一緒に過ごしたいと願いがかなわない夜を過ごすのではないのでしょうか。

体のつながりを求めてしまうのはしょうがない
世間がこんなに煽ってくるんだから。

こんな聖なる夜なんだから
体のつながりじゃなくて心のつながりを大切に。

たった一通のメール、たった一本の電話で救われることもあるんです。

「逢えないのが当たり前」
といわずに
「逢えない時間をどうするか」
と考えることを大切に。

特に!自分の都合でヒトに寂しい思いをさせてる人

クリスマスがすべてのヒトに幸せを届けますように・・・・

2005年12月17日

イルミネーション

街はキレイで幸せが溢れてるって感じですな。

今日は「一人寂しく」新宿歩いてきました。
自分へのクリスマスプレゼント♪なんてことで
バック買ったり、ジーンズ買ったり。。。

寂 し い な ぉ ぃ

もーすこし色気が欲しい季節っすね。

そういえばエキフレに登録したら
メールがポコポコきてますた。
これから何か起こるか?
でもクリスマスはどー考えても間に合わせんゾ。

2005年12月11日

叶うものなんだと知りました。

人にとってはドーでもいいことなんだろうけど。
俺にとっては生涯最高の出来事。

「ツライ」「苦しい」

恋をしているなかで出てくる「ツライ」「苦しい」

惚気の延長で出てくる言葉であるなら何も心配は要らない。
人間幸福の中にいるとその逆の状況を口にすることで
今ある幸福をさらに充実させようとするところがあると思うから。
甘いデザートと苦いコーヒー。
その関係に似ていると思う。

心配なのは「ツライ」「苦しい」が恋愛の中心になってしまっている人。
「幸福」でいることではなく
「続ける」ことが目的になってしまっている人
「幸せ」ではなくて「不幸に耐える」ことが恋愛になってしまっている人。

アナタの今している「恋」は、アナタにとって最後の恋ではないはず。
アナタが今までしてきたように、これからもアナタに「恋」はある。

「最後」「最高」、どちらもこれほど不安定で不確実な言葉は無い。
人の心は同じ場所にいない。いることはできない。
「結婚」は恋のゴールではない。もちろん終わりではない。

「恋」は心の迷い、「恋」は心の動き。

人を求める心は本能。
人を求めることが恋ではない。


最近感じてことをズラズラと。

2005年12月06日

年の瀬

12月でございますよ。シャチョサン。

クリスマス?イルミネーション?年末??

はぁ??

どうせ寂しくおうちで過ごしますよ。
ええ。いたって普通な家庭の一場面ですよ。
とーぜんですよ。

・・・・
はぁ・・・

出会い系はどこもクリスマス特需らしいです。
もーネトナン師にとってはかきいれ時ですよ。
俺?
メールだけはきますよ。
続 か な い け ど
何が悪いんかな。

とりあえず日々反省日々復習で。



トップページリンク集
不倫ノートブック/ 萌木ケイの官能小説/
日本語主義 IEはキライ 見れればよし
【利用上の注意】
実在する団体/人物とは何ら関係ありません。
since 20040901
Copyright 2004 HIROTO All rights reserved
不倫 HIROTO 不倫の思い出